イベント・催事情報 Feed

2015年9月16日 (水)

熊本の皆さんお待たせしました!果実堂×楽粋『発芽の恩恵』です。

果実堂の特許技術を用いた発芽大豆で作られた高級豆腐『発芽の恩恵(めぐみ)』(楽粋)がついに果実堂本社のある熊本に登場しました。

熊本老舗百貨店「鶴屋」のスーパー部門「鶴屋フーディワン浜線店」様で、試食販売を行い、わさもん(新しいもの好き)の皆さんにも、濃厚で大豆本来の味がしておいしいと大好評でした。

Photo

2015年8月31日 (月)

東京の皆さん初めまして!果実堂と楽粋の『発芽の恩恵』です。

果実堂の特許技術(落合式ハイプレッシャー法)を用いた発芽大豆で作られた高級豆腐『発芽の恩恵(めぐみ)』(楽粋)がついに東京へ上陸しました。

高級スーパーの紀ノ国屋様の試食販売では、なめらかでコクがあり、おいしいと奥様方にも大好評でした。

Photo_4

(写真:さっぱりちりめん×ポン酢、風味豊か塩昆布×ごま油、和デザート黒蜜×きな粉)

2015年8月18日 (火)

今年も熱~い!果実堂SUMMER催事開催中です!

果実堂はこの夏も、関東と地元九州の百貨店・量販店で150回の催事(試食販売)を開催しています。

果実堂のベビーリーフと発芽大豆のおいしさを、たくさんの人に食べて知ってもらいたい!

ぜひお立ち寄りくださいませ。

Photo_2

2015年8月12日 (水)

矢崎総業グループ熊本部品様で恒例の夏祭りが開催されました!

果実堂ベビーリーフ事業の提携先である熊本部品(http://www.kumamotoparts.com/)様で、毎年恒例の夏祭りが催され、果実堂も参加しました。

ステージでは歌やダンスが披露され、暑さも忘れて皆さんと一緒に楽しみました。

(写真上が熊本部品㈱ 代表取締役社長 大屋様)

2015

2015年8月 7日 (金)

ミクニ様の小田原事業所で盛大な納涼祭が開催されました!

果実堂の株主であるミクニ(http://www.mikuni.co.jp/)様で、生田社長様はじめ小田原市長様も参加される、総勢500人の盛大な納涼祭が開催されました。

福田農場ワイナリー様のワイン・ドレッシングと一緒に、果実堂のベビーリーフと発芽大豆でブースを出展し、皆さんに味わっていただきました。

(写真上の左:㈱ミクニ 代表取締役社長 生田久貴様、右:果実堂 取締役 栽培管理本部長 高瀬)

Photo

2015年6月 8日 (月)

アンチエイジング!日本抗加齢医学会総会に果実堂が出展しました。

果実堂は、健康長寿を目指す「日本抗加齢医学会」(http://www.anti-aging.gr.jp/)第15回総会(福岡市・4,500名参加)にアグリイノベーション研究会(中原採種場・パナソニック・カゴメ・果実堂)として出展しました。

出展ブースには、果実堂のベビーリーフや発芽大豆、カゴメの野菜生活など 「健康な未来を支える機能性作物」 が並び、医学会関係者の注目を集めました。

Photo

2015年4月10日 (金)

熊本部品の皆様お仕事お疲れ様です!果実堂の発芽大豆と甘夏ドレッシングは如何でしょうか!

果実堂と提携しています矢崎総業グループ熊本部品(http://www.kumamotoparts.com/)様で、「甘夏ドレッシング」 と 「発芽大豆」 の試食販売会を行いました。

甘酸っぱくさっぱりした 「甘夏ドレッシング」 と、女性に嬉しい栄養満点の 「発芽大豆」 は、熊本部品様で働く皆さんにも大好評でした!

Photo_2

2015年2月12日 (木)

果実堂は地球にやさしい農業に取り組んでいます!

九州経済産業局主催の 『第6回環境イノベーションフォーラム』(出席者約100名) が宮崎県で開催され、栽培管理本部の高瀬本部長が、大規模ベビーリーフ有機栽培とサイエンス農業について講演しました。

その模様は、テレビ宮崎のニュースでも取り上げられ、大きな反響がありました。

Kajitsudo150204

2015年1月29日 (木)

福原秀治町長様(熊本県和水町)を招待して、廃校(緑小学校)活用の内覧会を開催しました。

果実堂は、熊本県北部に位置する和水(なごみ)町で、耕作放棄地と廃校を利用して年間70tの有機栽培ベビーリーフを生産しています。ハウス数は、93棟まで増えています。

内覧会では福原町長様に、農場や倉庫における<5Sの活用>や、栽培スケジュールの<見える化>、ITの活用の現場などをご視察いただきました。

(写真中央が福原町長様)

20150128kajitsudo2

2015年1月22日 (木)

立ち上がれ農業青年!果実堂からの熱いメッセージ!

果実堂の広川農場長と中島工場長が熊本県立農業大学校で特別講義を行いました。

農学部の70名の学生様を前に、大規模ベビーリーフ栽培やパッキング作業を通して得た農業の難しさや素晴らしさを伝えました。

Kajitsudo20150116

最近のトラックバック