カテゴリ

カテゴリ「井出 博之」の6件の投稿 Feed

2014年7月 9日 (水)

発芽大豆ついにオランダへ!

発芽大豆の有用成分の高度な分析を、オランダのライデン大学に依頼しています。

将来、生薬になるかもしれない発芽種子やベビーリーフのさまざまな成分について、

Young-Hae Choi教授と議論しました。非常に楽しみです。

P1000963002_2

(左:フルタロム社 Rudy研究員夫人)

P1000974

(中央:Young-Hae Choi教授 左:教授夫人)

Img_9768bg

(ライデン大学ホームページより抜粋)

取締役相談役 井出博之

 


2014年2月26日 (水)

発芽大豆の腑分け

この度、果実堂は新芽の研究結果を踏まえて、新たに発芽の研究に挑戦する!

それは発芽大豆の腑分け(杉田玄白の解体新書)から始まる。

456取締役相談役 井出博之

2013年3月 6日 (水)

呼吸する包装

 

ベビリーフの保存期間を延長するには、「呼吸する包装フィルム」の採用が良いのではと考えます。

130306

取締役相談役 井出博之

2012年11月14日 (水)

きれいなベビーリーフを目指して

 ベビーリーフを傷めず洗浄することを考えました。

お知恵をお貸しください。

Ws000000

取締役相談役 井出博之

 

2012年9月12日 (水)

開眼の瞬間

井出剛は20代半ばに北京大学薬学部に留学。大学自身が医薬品を製造販売している光景を目撃して、産・学・官の提携による創業の可能性に気付いた。

天安門事件でやむなく帰国。

120912

取締役相談役 井出博之

 

2011年12月14日 (水)

矢崎総業の技術

矢崎グループは世界トップクラスのWire Harness生産企業です。昨年度から果実堂と提携して天草でベビーリーフを生産しています。工場で発生する大量の産業廃棄物のリサイクル化にも熱心に取り組んでおり、その一つ廃ガラスを原料にした「スーパーソルR」を使って植物栽培に応用を試みています。お正月に試作品Pachiraのhydrocultureをご提供頂いたので、会長室の本棚に飾りました。約一年、殆んど何も手を加えずに青々と育っています。詳しい加工技術は不明ですが、当社の農業技術に応用出来るのではと思います。

111206_002_3

取締役会長 井出博之